Loading...
KIICHIRO KURATA / UNRIVALED / LET IT RIDE Item related to KIICHIRO KURATA

KIICHIRO KURATA
UNRIVALED / LET IT RIDE

August 21, 2017

センスっていう概念が割とあやふやだと考えていて、見る立ち位置によってセンスって変わると思うんです。例えば僕のセンスを格好良いと思う人と、格好悪いと思う人がいるわけで、そういった場合にどう捉えるかです。

UNRIVALEDで初めて作ったのは、中綿入りのリバーシブルのナイロンジャケットでした。フードをデタッチャブル(着脱式)にしたりとかですね、2way、3wayが多くて、そういう服が好きなのかもしれない。細かいディティールは意識するんですけど、普通が嫌なんです。センスっていう概念が割とあやふやだと考えていて、見る立ち位置によってセンスって変わると思うんです。例えば僕のセンスを格好良いと思う人と、格好悪いと思う人がいるわけで、そういった場合にどう捉えるかです。一般的には、万人がこの人カッコイイとか、この人センスがあるっていうのはあるんでしょうけど、僕の場合、そこには行き着かない。でもやっぱり洋服は人に着てもらわないとはじまらない、評価するのはお客さんなんです。買って頂いたお客さんに良い判断をしてもらえたら嬉しいですよね。

ブレる感覚っていうのは大事な感覚だと僕は思うんです。納得いかないが故に、ずっとこの仕事を続けられてるんだと思います。

毎シーズン全く一緒のものは出したくないんです。本当は毎回満足しなきゃいけないと思うんですけど、毎回細かなアップデートを繰り返しています。作ってる段階ではそれで良かったのに、時間が経つと「こうしとけば良かった!」そういうブレがどうしても出てくるんです。言ってる事とやってることが違うのはダメだと思うんですけど、芯さえ変わらなければ考え方って変わるのが当然だと思うんです。ブレる感覚っていうのは大事な感覚だと僕は思うんです。納得いかないが故に、ずっとこの仕事を続けられてるんだと思います。

何かを生み出すことと、経営っていうのは一緒の様でいて、真逆の事だと思うんです。僕は経営者向きじゃないんです、ただ洋服を作ってるだけなんです。

僕は90年代にあまりにも考えなかったんです。(笑聲)良く言えば純粋なクリエイティブが出来ていたという事なんでしょうけど、遊びの延長でやってた様なものでした。ただ危機感はずっとありました、あのままいかないってのは解ってましたから。だから常に考えるんですけど、クリエイティブとビジネスのバランスは凄く難しい。今は一人ですからやるしかない、本当の意味でいうと別々の方が絶対良いんです。何かを生み出すことと、経営っていうのは一緒の様でいて、真逆の事だと思うんです。僕は経営者向きじゃないんです、ただ洋服を作ってるだけなんです。

*裏原:
裏原宿、通称裏原。東京都渋谷区神宮前から同区千駄ヶ谷までの、「原宿通り」や「渋谷川遊歩道(通称:キャットストリート)」を指す。通称は、裏原・ウラハラ。「GOODEOUGH」の藤原ヒロシ、「A BATHING APE」のNIGO、「UNDERCOVER」の高橋盾がオープンした「NOWHERE」が有名。

*TSUBAKIHOUSE:
80年代にあったDISCO NIGHT CLUB。LONDON NIGHT、ROCKABILLY NITEを始め、ドープなDJ陣により今では考えられない程ハイセンスな音楽が流れていた。菊池武夫、三宅一生、大川ひとみ、坂本龍一、森山達也、町田康、甲本ヒロトを始め、各界から感度の高い人達が集まった。Keith Haringのライブペインティングや、ストレイキャッツの初来日がツバキハウスで行われたのも有名な話。

*MIW:
メイド・イン・ワールド、渋谷、原宿にあったセレクトショップ。「GOODEOUGH」、「SOPH」、「UNIFORM EXPERIENCE」、「GDC」、「COREFIGHTER」、「COOTIE」などのアパレルブランドを取り扱った。

*EM(エム):
並木橋の二階にあったセレクトショップ。日本にラルフローレンやギャップがない時代、アメリカや欧州からのインポート物を中心に扱った。

*ELT:
1993年に渋谷にオープン。同時にオリジナルブランド「LET IT RIDE」を開始。10代の村上淳(俳優)がスタッフとして働いていた事は有名で、東京のストリートシーンを支えた。

*佐渡村健:
1966年生まれ福岡県出身。文化服装学院卒業後、BEAMSに入社、その後UNITED ARROWS、ロンディスを経てEMへ。その後EMがなくなり、セレクトSHOP”ELT”をOPEN、オリジナルブランド”LET IT RIDE”をスタートさせた。

*藤原ヒロシ:
80年代よりDJを始め、高木完とともにTINNIE PUNXを結成。音楽プロデューサー、作曲家として、UA、小泉今日子、藤井フミヤなどに楽曲提供。リーバイス、ナイキとのコラボレーションを展開する。

*sk8thing:
様々なストリートブランドのグラフィックを手掛ける。2012年より「C.E.」をスタート。東京のストリートカルチャーを影で支える最重要人物。

*千寿公久:
90年代後半に「SWIPE ON THE QUITE」「NEXD」を手掛ける。2012年からは「RISEY」を立ち上げ今に至る。

 

Latest Issue